育毛剤を使うと逆にハゲる?

育毛剤を使うと逆にハゲる?

育毛剤を使うと逆にハゲるのでしょうか?こう言った話を良く聞く事がありますが、実は勘違いしている事が多いようです。育毛剤を使ったから薄毛が進行したのではなく、効果が無いと途中で止めてしまったことで薄毛が進行し、逆効果だったと勘違いしてしまう事があります。育毛剤はある程度の期間を使用しないと効果は期待できないもので、1ヶ月や2ヶ月など短期間で止めてしまうと良く見られる症状です。短い期間の使用だったため効果が得られる前に止めてしまい、止めてから薄毛が進行したために逆効果だったと考えてしまうのです。育毛剤は途中で止めないこと、また他の要因が解決できなければそれ程効果が見られない事もある事を知っておきましょう。

 

育毛剤はあくまでも今生えている毛を太く成長させたり、長くするものです。既に毛を失った箇所を増やすものではありません。失った場所を新たに発毛させるためには、薬剤を使用するしかありません。ここを勘違いしてしまうと、育毛剤を使ったけど逆効果だったと勘違いする事もあります。
その外、育毛剤を使っている最中に強いストレスを感じてしまった事も原因かもしれません。ストレスを感じると血流が阻害され、育毛が上手く行かなかったり、逆に毛が抜けてしまう事もあるのです。